スマートフォン向けアプリ開発 | My Business

ビジネスに新しい価値を付加するスマートフォンアプリの開発を、内容のご相談からリリースまで一貫してお手伝いいたします。

app

自社が保有するノウハウや情報をユーザーがスマートフォンで手軽に閲覧できるようにしたい、共通の興味・関心をもつユーザーが集まる場を作りたい、業務上の情報を適切に共有することで業務を効率化したい、など、
従来のビジネスで蓄積した資産やアイデアを「アプリ」という形で具体化することで、それまでは解決できなかった課題を解決したり、新しい価値をユーザーに提供することができるようになります。

一方で、アプリをユーザーに提供するためには

1. アプリで実現したいこと(要件)を整理し
2. どのようなアプリでそれを実現するか(仕様)を検討し
3. そのアプリをどう作るか(設計)を考え
4. 実際にプログラミングすることで形にし(開発)
5.問題がないかを確認して(テスト)
6. ストアに登録してユーザーに提供する(リリース)

など、いくつもの工程を、いくつものノウハウを駆使して進めていかなければなりません。
そして、それぞれの工程で行う具体的な作業内容や必要なノウハウは要件に応じて様々です。

「アプリを作りたいけれどもどのように進めれば良いのかわからない」
「誰に相談すれば良いのかわからない」
「どのくらいのコストがかかるんだろう?」

など、アプリの実現に向けて何か話を進めたいという方はぜひ私までご連絡ください。メール、チャットツール、ビデオ通話など、連絡の方法は柔軟に対応いたします。
(※ 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、直接お会いしてのご相談は必要最小限とさせていただきます。)

連絡先:
E-mail: chooyan.engineer@gmail.com
Twitter: @chooyan_i18n
GitHub: chooyan-eng

※ 内容によっては他の適切な相談先を紹介する、もしくは依頼をお断りすることもございます。ご了承ください。
※ 法務、税務、マーケティングなど、十分にお力になれない分野もございます。
技術的な内容

・アプリ開発の言語 / フレームワークについて
アプリを開発するための言語 / フレームワークは Flutter を基本とさせていただきます。
Flutter を用いることで、少人数で素早く Android, iOS 両プラットフォームでのアプリ提供が可能になります。
Swift, Kotlin を用いたアプリ開発についてはご相談ください。

・サーバーについて
要件によってはアプリ開発の他にサーバーを用いたWebアプリケーションの開発が必要になります。
Webアプリケーションの開発は、Firebase や AWS などのクラウドサービスの利用、Django や Ruby on Rails などのフレームワークを利用したWebアプリケーションの開発など様々な選択肢が考えられます。
詳しくは要件を伺いながらの検討になります。